みるっこDXでコーヒーを淹れました。(フジローヤル小型高性能ミル みるっこDX)

こんにちは。

子どもが産まれてからなかなかコーヒーをゆっくり入れて飲むことが出来ていなかったのですが、最近少しずつ落ち着いてきたので、以前購入していたみるっこDXを使ってコーヒーを淹れてみました。

今回は、みるっこを購入した時の話とみるの使い方をお伝えします。

フジローヤル小型高性能ミル みるっこDX

以前まではコーヒーを買う際、店頭で豆を挽いてもらったりあらかじめ粉状になっているものを買っていました。

毎日飲む方はきれいに飲み切れると思うのですが、なかなか我が家ではそうもいかず飲もうと思った時には味が酸化して美味しいコーヒーではなくなってしまっている。そんな状態が続いていました。

 

ではどうしよう?と悩んだ結果、少量の豆を買いその都度挽いてコーヒーを飲むようにしよう!と決め、ミルを探すことにしました。

 

一般的にミルには、プロペラ式臼式(グラインド式)カット式などがあって、

プロペラ式は持ち運びがしやすく価格も1万円以下と比較的安価で購入ができますが、豆の引き具合がバラバラになりやすいため味にムラが出来ることが多いんです。(コーヒーの味は粉の均等性に左右されるそう。)

反対に臼式(グラインド式)カット式はコーヒー豆の引き具合が臼ですり潰すように挽いたり、切り刻むように挽いたりして均等な引き加減になります。こちらはプロペラ式に比べると価格が安いもので、1万円以上。人気のものだと5〜6万円くらいします。

 

たくさん悩んだんですが、どうせなら味にムラが出来にくい臼式かカット式のどちらかにしようと決めました。

カリタやボンマックなどの様々なメーカーがある中、

静かに均等に挽くことが出来る」という口コミとシンプルなデザインが決め手となりみるっこDXにすることにしました。

ちなみに購入したみるっこは、神奈川県にあるcafe vivement dimancheの別注カラーです。

クリーム色がかわいくてこちらにしました。

みるっこDXを使ってみました。

 

ちなみに今回使用した豆はカルディコーヒーの豆を使いました。

久しぶりに使いましたが、調子よく動きましたので以下でミルの使い方をご紹介します。

透明の豆を入れるところです。蓋を外して豆を適量投入します。

およそ1杯分が10gだそうです。

豆を投入したら、挽き方をダイヤルで調整します。

ペーパードリップだと、様々ありますが平均して5〜6ぐらいの挽き加減でいいそうです。メモリを1に近づけていくと細挽き、10に近づけていくと粗挽きになります。

みるっこはエスプレッソ用には挽くことができないため、エスプレッソで飲みたい時は別売りのカット臼を購入する必要があります。

豆を投入したら、金属蓋を横にスライドして下のミル部分に豆を落とします。

挽いた豆は、このカップの中に粉状になって落ちていきます。

ドリッパーにペーパーをセットしたら挽いた粉を投入し、ドリップポットで真ん中から注ぎ、ハンバーグ状にして蒸らしたのちまた注ぐを繰り返します。

ちなみに我が家ではドリップポットはタカヒロのポットを使用しています。

注ぎ口が細く、狙ったポイントにゆっくり注げる為、安定したお湯の量を届けられます。

お湯を注ぎ、コーヒーが適量抽出されたら完成です!

まとめ

久しぶりに使用したんですが、業務用としても使用されているだけあって音も静かだし、均等に豆が挽けるので、久しぶりにハンドドリップでコーヒーを淹れたのですがとても飲みやすく美味しかったです。

まだまだ慌ただしい毎日ですが、気持ちに余裕ができた日や休みの日などには美味しいコーヒーを楽しもうと思います。

では、本日はここまで。