3coinsのカプセルトイキット(ガチャガチャ)を作ってみました。

こんにちは。

子どもって本当にガチャガチャが大好きですよね。

大人の私たちもガチャガチャを回すとちょっぴりワクワクしませんか?

先日そんなガチャガチャを簡単に作ることが出来る、

3coinsの組み立てカプセルトイキットを長男くんと作ってみましたので本日はその時の様子や作り方などについてお伝えしたいと思います。

3coinsカプセルトイキット

こちらが、「組み立てカプセルトイキット」です。

価格は500円(税抜き)で販売しています。

パッケージを開けると段ボールや空のカプセル、シール、透明フィルムなどが入っていました。

比較的材料は非常に少なくシンプルになっています。

そして組み立ての手順はパッケージの厚紙の裏に組み立て方が記載されています。

カラーで表記されているので分かりやすかったです。

用意するもの

組み立て方法の紙に記載されていたのは以下の通りです。

両面テープ

セロハンテープ

用意するものは以上です。後にも書きますが、両面テープでは粘着に不安が残りますので、補強の意味でボンドやマステなどがあると尚良いかもしれません。

組み立ててみました

さっそく長男くんと作ってみました。

まずは段ボールの型を抜いていきます。

4枚の段ボールからパーツの型を抜くのですが、細かい部品も少なく型も抜きやすいようになっているため子どもの力でも簡単に型抜きをすることが出来ます。

型を抜き終えたら組み立てをしていきます。

それぞれのパーツを組み立てていき、その都度セロハンテープや両面テープで固定をするのですが、段ボールを折った部分の反り返りが思いのほかあり、テープではなかなか固定ができませんでした。

替わりにボンドなどの接着剤を使いなんとか固定することが出来ました。(用意するものに粘着力の高いものを追加することをお勧めします。

持ち手の部分が1番苦労しましたが、それ以外のパーツの組み立ては少し手伝いながらやっても比較的スムーズに出来ました。

そして開始からおよそ20〜30分後ようやく完成しました。

個人差はあると思いますがお子さん主体で組み立てるのであれば30分くらいみていると良いかと思います。

空のカプセルに入れるものを用意することを忘れていたためその場に余っていた無印良品のキャンディーを入れてみました。

その後、次男くんも加わりガチャガチャ大会になりました。2人ともとても楽しそうに繰り返し回していました。

まとめ

今回、3coinsのカプセルトイキットを長男くんと組み立ててみました。

簡単で少しのサポートがあれば子どもたちでも組み立てられる仕様になっている点は大変よかったです。

ただ気になった点をあげるとすれば、前述しましたがセロテープや両面テープでは接着が難しいことと、カプセルがなかなか噛み合いにくくそして子どもの力で開けるにはかなり力が必要なところの2点が少し気になりました。

しかし、500円で子どもが夢中になる本格的なガチャガチャを作ることが出来るのは良いんじゃないかな?と総合的に見て思いました。

またこのキットは、白地一色のため子ども自身で色を塗ったりシールを貼ったりなどのカスタムが出来る仕様になっているので近いうちに子どもたちとペイントカスタムをしたいと考えています。

その際はまたご報告しますね。

ぜひみなさんも親子でガチャガチャ作りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

本日はここまで。