泣ける絵本と話題!ヨシタケシンスケ「あんなにあんなに」が素晴らしい理由

ヨシタケシンスケの絵本「あんなにあんなに」

先日書店に訪れた際、

新刊として発売されていたヨシタケシンスケさんの「あんなに あんなに」という絵本を購入したのですが、

この絵本がシンプルなのにとても深い!

 

そして、読み終えた後,

『子どもたちと過ごす「いま」という時間をもっと大切にしなきゃなぁ』と少し立ち止まって考えさせてくれる。

そんな作品になっていました。

 

せっかくなので今回はそんな素敵な絵本「あんなに あんなに」についてお伝えしたいと思います。

ヨシタケシンスケさんってどんな人?

まず作品の紹介の前に作者であるヨシタケシンスケさんの紹介を。

 

1973年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。日常のさりげないひとコマを独特の角度で切り取ったスケッチ集や、児童書の挿絵、装画、イラストエッセイなど、多岐にわたり作品を発表している。『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)で、第6回MOE絵本屋さん大賞第1位、第61回産経児童出版文化賞美術賞などを受賞。著書に、『しかもフタが無い』(PARCO出版)、『結局できずじまい』『せまいぞドキドキ』(以上、講談社)、『そのうちプラン』(遊タイム出版)、『ぼくのニセモノをつくるには』(ブロンズ新社)、『りゆうがあります』(PHP研究所)などがある。2児の父。

引用元:絵本ナビ

このブログを読んでいただいているみなさんの中にも「りんごかもしれない」や「おしっこちょっぴりもれたろう」などという絵本を目にしたり聞いたり、読んだことのある方も多いのではないでしょうか?

ヨシタケシンスケさんの作品は、子どもが楽しめる内容になっているのはもちろんですが、

その絵本を読み聞かせている私たち 親も少し考えさせられるような作品が多い印象です。

また子どもが空想の世界に入りながら物語が進んでいくそんな楽しい作品も多いです。

とにかく親子で楽しめるそんな絵本をたくさん作られている方です。

あんなに あんなに

あんなにあんなにの絵本

そんなヨシタケシンスケさんの最新刊でもある「あんなに あんなに」とはどんな絵本なんでしょうか?

 

簡単にいうと、

“あの時あんなに〇〇だった子が今ではこんなになっている。”

という時間の経過について描かれている絵本です。

その時間の経過を「あんなに」「もうこんな」というシンプルな言葉で表現しています。

 

リアルタイムで子育てをしている方には、

今こんなにも、毎日子どものことで忙しいけれどこの時間ってずっと続くわけではないんだよなぁ。

ということを本当にわかりやすく伝わるかと思います。

 

また、子育てが落ち着いた方にも子どもが小さかった頃が懐かしく思えてくる。そんな内容になっています。

 

ちなみに絵本ナビの商品紹介では、

子育ては「あんなに」の連続。あんなにほしがってたのに、あんなにしんぱいしたのに、あんなに小さかったのに―。日常にあふれるたくさんの「あんなに」の中で、子どもは大人になっていく―。
大人気の絵本作家・ヨシタケシンスケによる、こどもと昔こどもだったすべての人に届けたい、ちょっと目頭が熱くなっちゃうやさしい絵本。

 

このように紹介されていました。

 

実際に、子どもを膝の上に乗せながら読み聞かせたのですが、

読んでいる最中から次第に目頭が熱くなって少し泣いてしまいました。

 

『うまくしゃべれなくて癇癪を起こしていたのに、今ではうるさいくらいおしゃべりしている』

『自転車乗れなくて泣いていた子が、今では友達と自転車に乗って遠くまで出かけている』

『洗面台に届かなかった小さな手が、今では自分で顔を洗って歯を磨いている

 

そんな直近のわが子のできごとを思い出してきちゃってダメですね。。泣かない!って決めていても無理でした。

まとめ

ヨシタケシンスケさんの絵本「あんなにあんなに」

今回はヨシタケシンスケさんの「あんなに あんなに」という絵本について簡単ではありますがお伝えしました。

読み聞かせながらわが子の成長を重ねて、そしてそんな「今」を大切に感じられる。

そんな絵本になっていました。

子育て中の方も、子育てが落ち着いた方にもおすすめしたい絵本です。

 

今回紹介した「あんなにあんなに」の他にもまだまだたくさん素敵な作品がありますので、

まだ未読の方は良ければ他の作品にもぜひ触れてみてくださいね!



絵本ナビでは、なんと!ヨシタケさんのいくつかの作品をためし読みすることができちゃいます!

また、様々な絵本のレビューが見られるので、絵本を購入する時の参考にしてみてもいいと思いますよ。

(個人的に一度絵本ナビを見てから購入するようにしています。ためし読みは本当ありがたい!)

 

では、本日はここまで。