口コミで話題!無印良品の長巻トイレットペーパー(シングル・ダブル)がコスパが良すぎておすすめ!

今年に入ってSNSや口コミで話題になっていた無印良品のトイレットペーパーを、

先日ようやく購入してきました!

今回は、『なぜ人気なのか?』『どういった良さがあるのか?』

について個人的に使ってみて検証しましたので、

無印良品のトイレットペーパー長巻シリーズの秘密についてお伝えしていきたいと思います。

 

無印良品 トイレットペーパー 長巻(シングル・ダブル)

無印良品のトイレットペーパー

こちらが無印良品のトイレットペーパーです。

正式名称は、

『再生紙 トイレットペーパー 長巻 シングル・ダブル』

という名前です。

気になる値段ですが、シングル・ダブルとも1個150円(税込)になっています。

えっ?

1個150円だったら全然お得じゃないじゃん?!

と思った方も多いのではないでしょうか?

そこは無印良品です。しっかりと考えられて作っているんです。

人気の理由はその長さ

無印のトイレットペーパー

なぜ、1個150円のトイレットペーパーが人気なのかというと、

人気の理由はその長さにあります。

 

一般的な芯のあるトイレットペーパーの長さは、

シングルサイズで、だいたい60m

ダブルサイズで、だいたい25m

の長さに対して、

無印良品のトイレットペーパーは、

シングルサイズで、250m

ダブルサイズで、125m

と、シングルサイズでおよそ4倍 ダブルサイズで5倍 と一般的なものよりもかなり長巻になっているんです。

長いとなぜいいの?

無印のトイレットペーパー

長いとどんなメリットがあるのか?

1ロールで4〜5個分あるということなので、

単純にストックをたくさん持つことがなくなります。

よくあると思いますが、用を足している最中に紙切れになって慌てて交換する・・

なんて機会も少し減りますね!

また、芯がないため最後まで使い切れてゴミも減らすことができるの点も無印らしくて素敵だと思います。

あとは、非常バッグなどに入れておく際も何ロールも入れなくて済むので、空いたスペースに別の防災グッズを入れることができます。

 

トイレットペーパーの長さを長くするだけなのに、時間と収納場所などにおいて様々なメリットが発生するんですね!

使い心地はどんな感じ?

無印のトイレットペーパー

使った感じは・・

紙の質感は薄くて柔らかくはないです。むしろ少し硬めです。

公衆トイレなどにある紙に比べるとマシですが、やはり薄さや質感は劣る印象です。

まぁ、許容範囲レベルだと思いますよ!

質感に拘って作っていくと、どうしてももっと分厚くなってしまうのでこんなものかと・・

あえてデメリットを挙げるとすると

トイレットペーパーとホルダー

このトイレットペーパーのデメリットをあえて挙げるとするとすれば、

長巻のためトイレットペーパーホルダーに収まりきらない場合があるということぐらいです。

わが家のホルダーは写真のようなものなので難なく収まりましたが、ホルダーの種類によっては蓋の部分が開き切らず入らないことがあるようです。

デメリットといえば、それくらいかな?と思います。

まとめ

無印のトイレットペーパーダブル

今回は、口コミで話題の無印良品 長巻トイレットペーパーについてお伝えしました。

実際に購入し使ってみて、こんな方におすすめだと感じました。

  • 交換の手間を省きたい
  • ストックをたくさん持ちたくない
  • 災害用の備蓄として持っておきたい
  • 紙質には拘らない

これに該当する方には、本当におすすめのトイレットペーパーです!

 

無印のネットストアにもたくさんの口コミが書かれていますので、

ぜひ購入前の参考にしてみても良いかと思います。