プレゼントにおすすめの絵本!柴田ケイコ作「パンどろぼうシリーズ」がとってもおもしろい!(感想・レビューあり)

 

パンどろぼうの絵本

みなさんこんにちは!

子どもの読み聞かせ絵本って、ほんと毎回悩みますよね??

 

わが家では、昨年からヘビロテで読み聞かせをしている本がありまして‥

それは『パンどろぼう』という絵本なんですけど、ご存知でしょうか?

 

この絵本を買ってからというものの、何かあれば、「パンどろぼう読んで!」といつも読み聞かせをせがまれるようになりました笑

 

今回は、そんなわが家でも世間でも大人気な絵本『パンどろぼうシリーズ』についてご紹介していきたいと思います!

 

パンどろぼうって、どんな人が描いてるの?

はい、これがパンどろぼうの絵本です。

パンがパンを担いで走ってますね!笑

まずは、パンどろぼうの紹介の前に、作者の柴田ケイコさんについて説明しますねー!

柴田ケイコ

1973年、高知県生まれ。奈良芸術短期大学ビジュアルデザインコース卒業。2002年より広告全般、出版物など、イラストレーターとして高知県で活動中。2009年、第10回ノート展準大賞を受賞。2016年『めがねこ』(手紙社)で絵本デビュー。2児の母。おいしものが大好き。

引用元:絵本ナビ

このデビュー作の「めがねこ」や、

しろくまシリーズ」などの絵本は、書店でみたことがある方も多いはず!

優しく温かみのある絵や絵本ならではの子どもと読んでクスッと笑えるポイントがたくさん詰まっている作品が多いのが特徴的です。

また、以前「セブンルール」という番組で柴田さんの特集を拝見しましたが、

クレヨンはあえて雑に置き、クレヨンの先に付いた別の色もあえて取らずに、違う色がついた状態から背景を塗っている姿はとても印象的でした。

絵本をよく見てみると微妙に背景の色が全面同じじゃないところがわかると思います。

それだけこだわって一つの作品に向き合ってできた絵本はどれもきれいで読んでいて面白いです。

 

そんな、『めがねこ』や『しろくまシリーズ』に次ぐヒット作が昨年話題になりました!

それが、『パンどろぼう』です!

パンどろぼうは発売されるやいなや、

第11回リブロ絵本大賞 大賞
第1回TSUTAYAえほん大賞 第1位
第13回MOE絵本屋さん大賞2020 第2位

を受賞するほど高く評価されています!

パンどろぼうを読んでみて

そんな話題になったパンどろぼう、

私も早速絵本ナビで試し読みをしてからすぐに、続編と併せて購入しました!

さて、気になる内容はこんな感じです!

まちのパンやから サササッととびだす ひとつのかげ。
パンがパンをかついで にげていきます。
「おれはパンどろぼう。おいしいパンをさがしもとめる おおどろぼうさ」

パンに包まれた、その正体とは――!?
お茶目で憎めないパンどろぼうが、今日も事件をまきおこす!

引用元:絵本ナビ

表紙を見ても分かる通り、パンに変装した何者かがまちのパン屋からパンをとって逃げていくことから物語が始まるんですが、

この出だしのパンがパンを担いで・・というところから子どもは釘つけになり、

途中の「まずい・・」の部分で大爆笑!

終盤の意外な展開にワクワクしながらあっという間に読み終えてしまうほどでした。

 

読んでみた感想としては、単純に面白かったです。はい!

 

話としては、よくある構成なんですが、柴田さんにしか描けないシュールな世界観がお話と相まって何度も子どもと笑いました。

絵もあえて下手うまにあえて描かれているため、親近感も湧き子どものツボを良い感じに刺激してくれてます。

続編「パンどろぼうvsにせパンどろぼう」も見逃せない!

パンどろぼうがヒットしている中、続編の『パンどろぼうvsにせパンどろぼう』という作品が発売されました。

こちらも一気に子どもと読みましたが、こちらも大変面白かったです!

パンどろぼうの前ににせパンどろぼうなる者が現れるんですけど、これもまた子どもが好きな対決要素や、前回の「まずい・・」に匹敵する面白い表情が見ることができます!

気になる方はぜひ試し読みを!

パンどろぼうシリーズ、

気になるけど書店に行くのは手間だなぁ。一度読んでみてから決めたいなぁ・・

と、思った方に朗報です!

 

私もよく利用しているのですが、

絵本ナビというサイトでは、なんと!このパンどろぼうシリーズが全ページ試し読みすることができるんです!

簡単な会員登録をするだけで、このパンどろぼうの他たくさんの絵本を一度試しに読んでみることができるんです!(会員登録はもちろん無料です!)

私は次男くんと一緒にタブレットで試し読みしたのですが、あまりにも子どもの反応が良かったため、すぐ注文しました。

こういう読んだことのない絵本は子どもの反応を一緒に見たいですよね!そんな時に便利なサービスだと思います!



パンどろぼうが好きな人におすすめ!最新作「ドーナツペンタくん」

ドーナツペンタくん

『パンどろぼうvsにせパンどろぼう』の後に、柴田ケイコさんの最新作として発表されたのが、こちら!

『ドーナツペンタくん』という作品です。

先ほどふれた「セブンルール」の番組内でも制作過程が紹介されていましたが、こちらの作品も読み応えがあってとても面白いです!

移動ドーナツ屋のペンタくんがお客さんの様々な注文に応えて作るドーナツのクオリティや、頭にかぶっているドーナツの秘密など、読んでいて思わずクスッとなって最後は少し「おぉ!」となったり楽しい作品です。

kodomoeの雑誌

こちらの絵本は、kodomoeという雑誌の付録として発売されています。

付録としての発売のため、時期が過ぎると入手困難になります。興味のある方はお急ぎを!

キャラクターグッズも実はあるらしい!

大人気のパンどろぼうシリーズですが、キャラクターグッズが発売されているようです!

画像引用元:絵本ナビ

マスキングテープやミニハンカチタオルなどかわいいグッズが絵本ナビカドカワストアなどで発売されていますので、気になる方はチェックしてみてください!

個人的には、売り切れで買えなかったんですけど、

画像引用元:PRtimes

この子ども用Tシャツが欲しかったです。かわいいですよね?!

売り切れているのが悔やまれます!

まとめ

今回は、柴田ケイコさんの『パンどろぼうシリーズ』についてお伝えしました。

個人的現在読み聞かせ頻度NO.1の作品ですので、まだ未読の方はぜひ一度読んでみてください!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

柴田 ケイコ(@keikoshibataillust)がシェアした投稿

また、柴田ケイコさんのインスタでは、新しいグッズの発売情報や、

 

この投稿をInstagramで見る

 

柴田 ケイコ(@keikoshibataillust)がシェアした投稿

パンどろぼう3作目の制作情報などワクワクする内容が盛り沢山です。

今後もパンどろぼうから目が離せないですね!

 

では、本日はここまで!